一覧へ戻る

株式会社 呉竹荘

業種 宿泊業・飲食サービス業
所在地 【本社】
浜松市中区東伊場1-1-26
【営業所】
静岡・愛知・東京・石川
事業内容 ホテル・ウェディング・レストラン事業を展開 2016年よりベトナム進出
資本金 4,000万円
売上高 123億円
従業員数 650名
設立年月日 1948年
初任給 大学卒 150,000円、短大・専門卒 145,000円、高卒 140,000円
 ウェディング&ビジネスホテル事業を展開
 変わることないおもてなしの精神で海外へも進出します

企業の強み

常に新しいことへの挑戦 あらゆるスタイルで事業展開
 当社は「地域とともに成長する」ことをミッションに掲げ、ブライダルホテル&レストラン、ビジネスホテルの運営をしています。ブライダル関連は静岡県を中心に9施設ありますが、和、洋、あるいは和洋折衷と、それぞれでスタイルが異なるのが特徴です。料亭として創業した企業として、変えるべきではない伝統、時流に沿って変えていくべきこと。この両輪を軸に、前進しています。
 業務の特性上、現場では即座の判断を求められることが多く、そのため「お客様のためならなんでもしていい」という方針があります。これも企業としての柔軟性を育てています。

学生から見た魅力

働きがい

 結婚式は人生において貴重なイベントであるため、プレッシャーが大きく、とても緊張するそうです。しかし、最後にお客様からの感謝の言葉と笑顔でそれまでの苦労とプレッシャーは飛ばされるようです。また、プランナーという職業はお客様のそれまでの人生を一から知れる、知ってしまえる仕事であり、やりがいのある仕事だとお話しされていました。

職場の雰囲気

 スタッフ全員で旅行や飲みに行くなど、とても仲がよさそうでした。今回お話をさせていただいた浅井さんはマネージャーという立場でしたが、プランのアイディアを求めて気楽にスタッフと話すそうです。あまり上下関係にこだわらない理由を伺ったところ、上司の顔色を伺うようになると自由なアイデアが出しづらくなり、お客様により良いサービスを提供できなくなるからだそうです。

将来性

 静岡だけでなく、東京などにも既に進出しており、これからも東南アジアを中心に海外進出を進めていきたいとお考えのようです。今後進出する海外での目標としては、日本のおもてなし×海外の文化を取り入れ、現地の方の結婚式をプランニングしていきたいとお話しされ、海外進出が加速しそうな将来性のある会社であると感じました。

目指す企業の姿

画像なし
企業理念

「TEAM FOR GUEST」(=総合力によってお客様第一の姿勢を追求する)という合言葉を理念に掲げ、お客様の喜ぶことを第一に考え、運営をしています。料亭として創業した時代から続く、変わらぬおもてなしの精神と、常に新しい事へチャレンジする精神の両方が指針となっております。

経営戦略

当社は東海エリアの文化振興を目的として、ホテル業を展開してきました。2016年よりベトナムで事業展開することが決まっていますが、これからは「グローバルくれたけ」と題して積極的に海外進出していきます。インドネシアや韓国にもビジネスホテルを展開し、国内、国外と安定した企業戦略を実行していきます。

将来のビジョン

おもてなしの心を海外へ発信! 日本の文化振興と地域貢献に繋げたい
 「日本のおもてなしを海外へ」というグローバリーゼーションのもと、売上目標を国内と国外で半分ずつくらいに設定して事業を展開中です。日本の良き文化を海外に発信するとともに、現地の風を取り入れられる、吸収力のある会社でいたいと思っています。
 当社の名である「呉竹」は、竹としての成長が早く、しかも力強く伸びる植物です。その名のとおり、時流にあわせたオンリーワンのサービスを展開しながら、常に進化を続けていきます。文化事業にも積極的に参加し地域の発展に貢献しながら、文化を守る活動も多く展開する予定です。

役員・先輩社員からの一言

画像なし
婚礼課マネージャー、採用担当 浅井 太一
自分以外のコトをどれだけ優先させられるか。
当社の仕事では、その気持ちが大切です

 私もかつては皆さんと同じように、大学生から就職活動をしました。これから就職を目指す学生さんも、自分に何が合っているのか、どんな仕事が的確か、どうしよう。なんて悩みをもたれる方も多いのではないでしょうか。それは、私も一緒でした。
 当社では、どんな人でも自分の長所を活かし、仕事に励むことができます。私はこの会社に入ってから「自分は人に尽くすことが好きなんだな」と気づき、今ではそれを活かす仕事をさせてもらっています。「自分を成長させたい!」、その気持ちだけでもOKですよ。ぜひお気軽に説明会に来てくださいね。
画像なし
先輩社員
ウェディングプランナー
 伊藤 美月

チームワークで乗り切る
一生に一度のお祝いをプランニングする責任

 ウェディングプランナーとして、結婚式を行うカップルのプランニングの仕事をしています。結婚式ってどうしたらいいんだろう? とイメージがわかないカップルもたくさんいらっしゃいますので、気持ちをしっかり汲み取りながら大切なゲストに喜んでいただく提案をして参ります。
 結婚式は調理やドレス、サービスなどたくさんの方とのチームワークなくしては始まりません。その為、各スタッフとの日々のコミュニケーションを大切にしています。「情けはひとの為ならず」をモットーとして、日々頑張っています。
一覧へ戻る