一覧へ戻る

大石機械 株式会社

業種 卸売業
所在地 【本社】
静岡市葵区昭和町10
【営業所】
浜松市、掛川市、焼津市、富士市、群馬県等
事業内容 工作機械・機械工具専門商社
資本金 6,250万円
売上高 130億円
従業員数 135名
設立年月日 1959年(創立 1952年)
初任給 大学卒 206,000円
 “機械を作るための機械”を提案する工作機械・機械工具の専門商社!!
 顧客のFAを強力サポート!!

企業の強み

創業以来のコンサルティングノウハウで、「最適」をユーザーに提案します
 “機械を作るための機械”である工作機械を中心に、工場の省力化に貢献するFA機器、機械工具、部品の販売を行っています。単にユーザーへ機械を納めるのではなく、「セールスエンジニア」として専門商社のノウハウ・情報網を駆使してコンサルティング活動を行い、顧客に最適なマーケティング、生産計画、設備計画等を提案します。さらに、企業経営者やエンジニアと直接関わり、把握したユーザーニーズをメーカーへ持ち込んで、新たな工作機械の開発を行い、ユーザーへ新製品を提供します。ユーザーとメーカーのパイプ役として、信頼の構築を第一義に堅固な経営基盤を築いていきます。

学生から見た魅力

働きがい

 ユーザーのニーズをメーカーに持ち込み、新しい製品・技術の開発に関わることができるのが、やりがいだと感じました。大石機械の商材は人目に触れる機会が少ないですが、航空機・自動車分野等様々な場所で役に立っています。新しい製品・技術の開発に関わり、機械の発展、機械を使う社会の発展に関われることは大きなやりがいだと思いました。

職場の雰囲気

 仕事に集中できる、良い意味でビジネス的な人間関係がある職場と感じました。
 また、コンスタントに人の採用を続ける、不景気を理由とした解雇は行わない、即戦力等は求めず5 年~ 7 年かけてじっくりしっかり人を育てていく、と伺い、安心して働くことが企業であると感じました。

将来性

 無借金経営等、優良な財政基盤を持つ質実剛健で安定した企業です。
 目まぐるしく動く社会の中で、5年後10年後経済の状況がどのようになるかわかりません。多くの企業が設立される一方、多くの企業がなくなっていくと思います。大石機械株式会社はこのような社会状況の中、5年後10年後15年後と安定して存在し続ける企業であるように感じました。

目指す企業の姿

画像なし
企業理念

「全ての活動は産業社会の発展のために」卓越したコンサルティングノウハウを最先端機械メーカーにマッチングさせ、ユーザーの期待にジャストフィットします。

経営戦略

「発想主義」FAの未来探索のために発想力を切磋琢磨し、総合的なコンサルティング業務を通じてユーザー企業の発展、メカトロニクスの発展に貢献します。

将来のビジョン

「セールスエンジニア」を育成し、お客様とテクノロジーの発展に貢献します
 顧客の状況を見て、顧客に必要な設備等を提案できる企業でありたいと考えています。それには、商社社員でありながらエンジニアリング部門に口を挟める程の豊富なテクノロジーの知識を持ったセールスエンジニアの育成が不可欠です。このような人材は一朝一夕では育ちません。じっくり時間をかけ、5年から7年は勉強中と考えて人を育てます。商事産業の基礎は人です。不景気時もコンスタントに人を採用し、人材が欠けることのないようにしています。テクノロジーの進化に対応して、顧客に最適なものを提案できる人材を育成し、ユーザー企業とメカトロニクスの発展に努めます。

役員・先輩社員からの一言

画像なし
専務取締役 大石 哲也
企業の財務状況・
資金調達力に注目を
 就職活動をされる皆さんは、企業の何に着目しますか?
 事業内容・従業員数・売上高・仕事のやりがい等々注目すべき点は多々ありますが、最も注目してほしい点は企業の財務状況・資金調達力です。貸借対照表や損益計算書を見て企業がどんな状態にあるのかを調べ、安定してつぶれない企業を選んで欲しいと思います。企業の見た目の格好良さに惑わされないで、人を育てる企業を探し、一生働いていける企業を選んでほしいと思います。そのためにも資産・負債のバランスがわかる程度の簿記の知識等があると良いかもしれませんね。
画像なし
先輩社員
貿易部 営業 小澤 慎
静岡ブロック 営業 吉田 伊織

お客様に誠実に
信頼されるセールスエンジニアを目指す
 海外メーカーから輸入した商品を国内外のお客様へ販売しています。海外商材の仕入れでは、情報のレスポンスが遅い等の困難がありますが、英語を使う日々の業務にやりがいを感じています。販売の際は商品のプラス面マイナス面双方をお伝えして、お客様に誠実であるよう努めています。(小澤)
 静岡地区のお客様へ提案と販売を行っています。扱う商品は小さな消耗部品から数千万円もする大型機械まで多種多様。お客さまが自分を信用して、そのような高価な商品を買ってくださった時やりがいを感じます。お客様を第一に考え、お客様に信頼していただけるセールスエンジニアを目指します。(吉田)
一覧へ戻る