一覧へ戻る

株式会社 しずおかオンライン

054-275-2666

画像なし

業種 サービス業(他に分類されないもの)
所在地 【本社】
静岡市葵区追手町3-11 静岡信用金庫追手町ビル2階
【営業所】
浜松支社、三河営業所(愛知県)
事業内容 メディア事業、セールス・プロモーション事業、流通事業
資本金 1,000万円
売上高 8億5千万円(2015年12月末)
従業員数 86名(うち正社員 60名)
設立年月日 2001年1月(創業 1993年2月)
初任給 大学卒 200,000円
 紙媒体やウェブ、様々なメディアを通して
 地域の暮らしをつなげ、感動と幸せを届ける

企業の強み

「womo」「イエタテ」をはじめとする メディア事業で培った視点とノウハウ
 当社では「womo」や「イエタテ」といったフリーマガジン、Webポータルサイト、ムック制作など、様々なメディア事業を展開しています。生活者を見据え、時代の変化にいち早く対応していくということは、よりスピード感を持ったサービスの提供を行うことに他なりません。当社のスタッフは営業職から技術職、編集職にいたるまで、皆が「情報コーディネーター」としてその職務を担っています。
様々な視点や角度でクライアントの課題解決方法を模索、提案し、生活者・クライアント双方から必要とされるメディアを確立していきます。

学生から見た魅力

働きがい

 「主体的に行動し、行動によって自らを成長させる」というポリシーのもと、社会の変化や技術の進化に適応して新しいことにチャレンジし続け、地域と生活者、コミュニティなどのつながりをより深めて喜ばれることが大きな働きがいです。

職場の雰囲気

「会社全体が1つのチームに」がスローガンであり、社長を含めて社員全員がワンフロアであるため互いに距離感が近く、気軽に話せて相談できる温かい雰囲気でした。また平均年齢が比較的若く、エネルギッシュであることも大きな特徴です。部活動やキャンプ、忘年会などの社内イベントも充実しており、活き活きとしている会社です。社員一人ひとりが“主体的に行動し、行動によって自らを成長させる”姿勢を大事にしているそうです。

将来性

 スマートフォンの普及など、時代に合わせた情報提供の仕方やツール展開をはかり、利便性と信頼性の高いメディア作りを目指しています。地域の魅力を発見し、生活者のニーズに最適な情報流通の形を設計して情報発信していくという姿勢から、地域や生活者に深く根付き、今後さらに成長し続けていく姿が期待できる素敵な企業であると感じました。

目指す企業の姿

画像なし
企業理念

【感動と行動を創造し、地域の暮らしに幸せな瞬間を届ける】 メディアが多様化している昨今、情報の送り手と受け手は一方通行の関係から、相互に情報を受発信する関係に発展しています。情報ネットワークの役割を果たしていくとともに、企業、生活者と信頼し合える関係を育てる会社でありたいと考えています。

経営戦略

当社のスタッフが常に考えていることは、「まだ誰も想像できていないけれど、生活者が求めるようなサービスを生み出したい」。そんな事業や媒体へのチャレンジを目指し、信頼できる生活情報を適切な形で発信し続けていきます。

将来のビジョン

既存の媒体や方法にとらわれず 時代に合わせたメディアを創造する
 当社は、地域情報の出版社(紙媒体で情報を提供する企業)として創業しました。ガイドブックやフリーマガジン等の雑誌メディアはわたしたちが得意とするものであり、これからも良質な雑誌メディアを作っていきます。
 ただし、生活者に受け入れられる形は雑誌メディアだけではありません。当社の強みは、他社に業務を移管しない自社完結型のスタイル。部署間のコミュニケーションを活発にしながら、時代とともに変化する生活者の視点にたち、生活者に受け入れられ、信頼され、利便性の高い「メディアのカタチ」を考えていきます。

役員・先輩社員からの一言

画像なし
管理事業推進部部長 坂本真吾
既成概念にとらわれず自ら仕事を創り、
会社に新たな価値を生み出してほしい
 新たな分野へのチャレンジにおいては、自らが考え、自分の能力を存分に発揮することが必要とされます。不安に思うことがあるのは当たり前。しかしその経験が自身を成長させ、それこそが当社で感じる大きなやりがいの1つだと思います。当社が求めているのは、固定概念を覆し、今のグループにない新たな価値観を生み出せる人。自ら積極的に仕事を創り、会社を自分自身と共に成長させ、地域を盛り上げたい。そんな志をもっている人です。研修や教育制度など、サポート体制は万全です。ご応募お待ちしています。
画像なし
先輩社員
情報コーディネーター
 那須田 祐平

「情報コーディネーター」として
生活者が行動を起こすきっかけを作りたい
 『静岡 家を建てるときに読む本』、フリーペーパー『イエタテ』を制作する営業スタッフとして配属されて2年になります。新商品を買う、映画を見る、おいしい飲食店を知る・・・。テレビやインターネット、友人からのクチコミなど、人が何かアクションを起こすときには必ずきっかけとなるものがあります。「家を建てる、リフォームをする」というアクションを起こす人が、自分のアイディアや手掛けているメディアがきっかけで動く。また、結果としてそれがクライアントの信頼を勝ち得たことになり、やる気の源となっています。
一覧へ戻る