一覧へ戻る

町田食品 株式会社

業種 食料品製造業
所在地 【本社】
富士市久沢269-1
【営業所】
大渕工業:富士市大渕字元篤3800-50 TEL 0545-35-7780
事業内容 豆腐類その他関連商品の製造
資本金 2,500万円
売上高 27億円
従業員数 117人(うち正社員 87人)
設立年月日 1965年8月
初任給 大学卒200,600円、短大・専門(2年制)・高専卒181,000円、高卒165,000円
 富士山のお膝元で豆腐一筋100年以上
 安心・安全でおいしい豆腐製品を食卓へお届けします


企業の強み

他社にない設備と独自のノウハウで 時代に応じた商品開発を行ないます!
 当社の強みは、時代のニーズを的確に捉えたマーケティングと商品開発が可能なことや、同業他社にはない設備を導入し、独自のノウハウによる製品を開発していること。製造設備は特許を取得しているものも多くあります。大豆をはじめとする原材料はトレサビリティを管理。さらにISO22000を取得し、HACCPの考え方に基づいた社内基準を設けています。時期により異なりますが、当社ではおよそ100~150種の豆腐類、その他関連製品を製造しています。変わらぬ味と伝統を守りながらも、次代のニーズに即応した商品開発を続けていきます。

学生から見た魅力

働きがい

 商品を製造する工場は、夏は暑く、冬は寒く、大変です。しかし、その分、自分たちの作った商品が売れた時は、喜びを感じるとおっしゃっていました。最近では、スーパーでの販売だけでなく、コンビニや飲食店でも同社の商品は利用されており、おいしさが認められたという思いも大きなやりがいになっていると思います。

職場の雰囲気

 製造・営業などに担当は分かれているものの、工場のことを知らないと会社や商品の魅力を十分に伝えられないということで、営業担当の方も工場を見学をしているそうです。また、営業の方は、お客様の反応を製造の方にフィードバックするなど、コミュニケーションを大切にしていました。社内だけでなく、スーパーからの意見も大切にしているそうです。それぞれが独立するのではなく、一体となって努力している様子が感じられました。

将来性

 富士山周辺の水を利用し、この土地でしかできない豆腐作りを行っていることが大きな魅力の1つであると感じました。1人暮らしの家庭が増えてきているという社会の変化に対応した、食べきりサイズの豆腐を初め、新たな商品の開発にも積極的に取り組んでいます。競争が激しい中で様々な挑戦をしており、今後に期待が膨らみます。

目指す企業の姿

画像なし
企業理念

「徹底した品質管理のもと、安心• 安全な製品を安定して市場へ供給する」。当社の創業は江戸時代後期。この創業精神を基本としながら、常に時代の変化に適応した商品づくりに励み、食文化へ貢献します。また、商品レベルの向上に努め、社業の発展と社員の安定を計り、食品関係の産業界を通じて社会に貢献します。

経営戦略

以下の指針のもと、これからもおいしい豆腐製品を市場へ届けていきます。①「安全・安心でおいしい商品」を年間を通じて安定して供給。②お客さまに喜んでいただけるように提案し、サービスすることをモットーとする。③時代の変革に遅れないように、変化を先取りし、積極的に行動する。④スピード(何事にも迅速に対応する)。

将来のビジョン

100種以上の豆腐製品を基盤に 「健康」を意識した市場を拡大する
 古来から、豆腐は長寿食といわれてきたことに加えて、近年では良質タンパク食品であることが科学的にも立証され、さらに癌、高血圧、動脈硬化や心臓病などの発症の抑制や回復に有効であることにも注目されてきました。
 良質な大豆とこの土地ならではの恵みである富士山の伏流水、当社の技術力を加えて作られる製品が、安心・安全・健康のキーワードを満たしながら、お客さまの健康づくりに貢献していくこと。伝統を守りながらも「革新」の手を緩めるず進化し続けていくことこそ、当社に課せられた使命であると考えます。

役員・先輩社員からの一言

画像なし
代表取締役社長 町田 良郎
徹底した品質管理と長年の技術で 
他社にない豆腐製品を生み出したい
 近年、日本の食文化は健康志向の高まりとともに、消費者の嗜好もますます多様化・複雑化しています。そうした時代のニーズを捉え、当社では業界でもいち早く、スプーンで食べられるデザート感覚の豆腐、サラダ感覚や惣菜感覚で味わえる豆腐の商品化に成功いたしました。そのベースとなっているのは、長年培ってきたノウハウと技術力であると自負しています。
 現在、開発した商品はすべて数値化、マニュアル化するとともに、ISO22000に基づいた徹底した品質管理を行いながら、お客さまに喜ばれる商品作りに力を注いでいます。
画像なし
先輩社員
製造二課
 岡本 勲

当社の豆腐製品を通じて 
ご利用いただくお客様を笑顔にしたい!
 入社2年目、製造二課に所属、主に豆腐の生地成形ラインと計量包装ラインに入って製造業務を担当しています。お客さまにおいしく、安心して食べていただける商品を作るように日々努めています。現場では、製造中に発生するロスを減らして、より効率的な製造が求められます。設定された人員数、時間内に求められた目標を達成し、良い商品を作り上げたとき、達成感を感じています。「こだわりをもって物事に取り組みたい」「食を通じて多くの人たちに笑顔を届けたい」。そんな方にとって、やりがいのある会社です。
一覧へ戻る