一覧へ戻る

株式会社 セイコー高周波

業種 金属製品製造業
所在地 【本社】
三島市長伏170-6
【営業所】
横浜工場(神奈川県横浜市)
事業内容 高周波焼入、高周波焼入に関するコンサルタント業務、ハードニング・リサーチ
資本金 1,000万円
売上高 2億円
従業員数 17人(うち正社員 17人)
設立年月日 1974年
初任給 大学卒 203,200円
 「高周波焼入」によって自動車や工作機械、
 建設機械の心臓部を支えています。

企業の強み

高周波焼入という技術を磨き実績を作り、大手との直接取引で信頼を築いています
 当社は日本が誇る高付加価値の加工「高周波焼入」の専門企業として、大企業から高い評価をいただいています。三島市の本社工場、平成10年に開設した横浜工場との総合力でお客様満足度を高め、安定した取引を実現してきました。大手企業と直接取引しているのが強みで、三菱重工業相模原製作所、三菱自動車工業、新キャタピラー三菱、小松製作所小山工場などから、工場認定も取得しています。
 長年にわたる豊富な技術の蓄積に加え、他の高周波焼入専門企業にはない独自技術の開発によって、新たな付加価値を与えていきます。

学生から見た魅力

働きがい

 社長の青野さんは、やりがいとは人から頼りにされた時に強く感じるという考えをお持ちです。そんな青野さんの考えの下、なるべく仕事を社員に任せて一人一人に考えて行動してもらうことでやりがいのある職場を作っているようです。また、セイコー高周波さんは焼入れの技術が高く、他社ではうまくいかない部品の焼入れをお願いされた時、自分たちの技術力が高く評価されていることを実感し、やりがいを感じるそうです。

職場の雰囲気

 セイコー高周波さんは今後会社を大きくするつもりはないそうです。会社の経営自体は順調で会社を大きくする力は十分に持っています。しかし、会社は富や名誉を求めるよりも、社員が楽しく仕事をできる場であるべきだという考えからそうはしないそうです。失敗をマイナス要素と捉えず社員の積極的なチャレンジを促し、社員全員が楽しく仕事をすることができる会社だそうです。

将来性

 セイコー高周波さんは信念を持った経営をされているということを強く感じました。新入社員は会社に必要だと思った人しか採用しない。セイコー高周波さんの仕事は低コストではありますが、決して技術の安売りはしない。取引先は一社に頼り過ぎない。多くの仕事に手を出さず、他社には絶対に負けない一つの技術で戦っていく。
 このような方針には自社に対する誇りが感じられ、時代の流れに負けない安定感のある会社だと思います。

目指す企業の姿

画像なし
企業理念

1.顧客の声に耳を傾け、満足し喜んで頂けるサービスの提供に誠意を持って考え、努力を惜しまない。2. 納得ゆくまで技術にこだわり、製品の使用環境をも考慮した最適な高周波焼入を目指す。3. 社員は、コスト削減と生産性向上に知恵を絞り、その成果は会社の発展と社員・家族の心の豊かさに供する。

経営戦略

当社は自動車部品や船のエンジン、事務機などに「高周波焼入」を行なう技術者の集団として、技術の開発と徹底的な品質管理を推し進めることにより、こういった製品の価値を高め、取引先にとって必要不可欠な企業になります。つまり、当社がお客様の価値を高めるということにつながります。

将来のビジョン

高周波焼入の専門企業として地位を確立 すべての取引先から頼られる存在に
 当社の目標は、すべての取引先が行なう技術開発における、高周波焼入の専門メーカーとしての立場を確立すること。そのために必要なのは、主体的に行動でき、リーダーシップがとれる人財の育成です。まずは何事もやってみる、何事にも挑戦する。そんな若い力を欲しています。部品製造、とりわけ高周波焼入の技術は、この先まだまだ伸びる余地があります。社員同士が積極的にコミュニケーションをとり、教育に力を入れることで、他の追随を許さない高品質の製品を製造し続けていきます。

役員・先輩社員からの一言

画像なし
代表取締役 青野 直
求む! リーダーシップをとれる人財 
会社を自己実現の手段にしてください
“「人生を楽しむための道具」として会社を利用してほしい。”これが私の考えです。会社から与えられた仕事だけをただもくもくとこなす。それも大切なことですが、それだけでは物足りません。仕事というテーマを通じて自己実現を果たし、仕事もプライベートも区別なく精一杯やって、人生そのものを楽しんで欲しいと考えています。ですから「社長になりたい」なんて野望をお持ちの人も大歓迎。積極的にリーダーシップをとれる人を私は待っています。
 努力を惜しまず責任を持って自分の仕事をやり遂げる人財こそ、会社の財産であると思います。
画像なし
先輩社員
製造部生産技術課
 清水 拓矢

年齢や性別に関係なく、
やる気を認めてくれる風土があります
 地元での就職を望んで参加した説明会で、社長の熱意に惹かれて入社しました。高周波焼入は理論と経験、両方が必要な技術です。理論通りにいかないことも多く、経験だけでうまくいくわけでもありません。だからこそ狙い通りの結果が出た時の達成感は大きく、それが仕事のやりがいとなっています。また、年齢や経験に関係なく、正しいことを正しいと認めてくれる社風であり、努力すればするほど自分の成長を実感できます。皆の意見や主張を汲み上げられる環境と確かな実績、そして熱意ある会社で、共に汗を流しませんか。
一覧へ戻る