一覧へ戻る

志ほみや観光 株式会社 「湯宿一番地」

業種 宿泊業・飲食サービス業
所在地 熱海市春日町1-2
事業内容 温泉旅館業
資本金 1,000万円
売上高 5億6,000万円
従業員数 38人(うち正社員 32人)
設立年月日 2013年(旧 志ほみや旅館 創業1946年)
初任給 大学卒 195,000円、短大・専門卒 185,000円
 戦後まもなく創業した、2本の自家源泉を引くお宿 
 「湯宿一番地」としてリニューアルし再スタート!

企業の強み

新幹線のホームから5分でチェックイン アクセス良好な温泉旅館

 「私たちの宿の強みは?」と聞かれたら、迷わず「アクセスの良さ」を挙げます。「湯宿一番地」は熱海駅から徒歩2分、新幹線ホームからわずか数分でチェックインでき、日本全国で4万件以上ある旅館のなかでも屈指の便利さです。近頃は客層を明確に定め、その嗜好を色濃く反映した宿泊施設が多く見られます。そのなかで、当社は客層を絞り込まず幅広いお客様を招くことで、立地のアドバンテージを最大限に活かす戦略を選択しています。

学生から見た魅力

働きがい

 湯宿一番地の榛葉社長よりホテルマンとして、経営者としてのやりがいを教えていただきました。ホテルマンとしてのやりがいはお客様に喜んで帰っていただき、その後インターネットなどの口コミで高評価がもらえた時にこの旅館の仕事をしていてよかったと感じるそうです。また、疲れて来たお客様を癒し、精神的な疲れやストレスを解消できたと思えたときに経営者としてのやりがいを感じるそうです。

職場の雰囲気

 私が見た湯宿一番地の従業員の様子は忙しいながらも楽しく笑顔で働いているように感じました。従業員の方々がこの仕事に充実感を感じていると見て取れました。また、経営者である榛葉様から見た雰囲気は、住み込みで働いている従業員が多い影響もあるが従業員全員がもう一つの家族のようなアットホームな職場であると感じているそうです。また、従業員一人一人が協調性をしっかりと持っているからこそ出来る雰囲気であると言われ納得しました。

将来性

 近年、日本を訪れる外国人旅行者が増加している。それは熱海の湯宿一番地も同じであり、年々外国人利用者の数も増加している。それでもまだ外国人利用者の数は利用者全体の5~6%ではあるが昔と比べれば確実に増えているようです。最近、国が日本への観光に力を入れていることもあり、これから先も旅館の利用者数が増えていくと予想されます。そのため湯宿一番地のような旅館業界は将来にまだまだ可能性がある業界だと教えてくださいました。旅館業界のこれからの発展にはまだまだ期待できそうだと感じました。

目指す企業の姿

画像なし
企業理念

「すべてのお客様の想い出づくりに貢献する」
「伝統的な温泉宿の良さを残しながら時代に合った働き方を追求する」
「熱海温泉の魅力を引き上げる宿づくりで地元に貢献する」

経営戦略

平成25年のリニューアルで、お客様満足度を仲居の接客レベルに委ねるスタイルから一新。和風レストランを新築して、お客様が希望する時間に食事を楽しんでいただけるようにしました。労働時間も短縮され、その余力は館内イベントなどに振り分けています。風呂と食事以外も楽しめる宿として、20代から30台の若いお客様獲得に成功しています。

将来のビジョン

外国人観光客の増加に伴い、旅館ならではのおもてなしを追求

 今、熱海温泉の魅力が見直されています。増えつづけている外国人観光客だけでなく、20代30代の若いお客様が、熱海温泉での滞在を楽しんでいます。さまざまな客層に満足していただくためには、お客様のちょっとした仕草や表情から、お客様が望んでいることを感じ取れる感性が必要です。当社では入社後の新入社員研修だけでなく、毎月お客様のアンケートから改善点を導きだすミーティングなど、社員ひとりひとりの感性を磨く人材育成に力を注いでいます。

役員・先輩社員からの一言

画像なし
代表取締役社長 榛葉 公孝
湯宿一番地はこれからが成長期! 
未来を支える人材育成が使命です

 当社は平成25年に「志ほみや旅館」から「湯宿一番地」へ屋号を改めました。創業以来の屋号を捨てる決断には反対も多く大変でしたが、生まれ変わる宿に期待して、若いスタッフを採用することができました。現在では定期的に新卒を採用することにより、先輩社員が若手社員を教育する体制ができ、旅館が見違えるように活性化しました。
「湯宿一番地」はこれからが成長期の宿です。私たちと共に日々のレベルアップを楽しみましょう。
画像なし
先輩社員
レストラン部 サービス課
岩本 裕太

各々の個性を伸ばせる環境 
「また来るよ」の一言が一番のやりがい

 入社して3年、レストランのスタッフとして配属されたものの、最初は先輩方に迷惑をかけてばかりでした。例えば、レストランのサービスではお客様に対して食材の説明、つまり知識が求められますが、知らないことが多すぎたのです。でも自分から聞く姿勢をもつことで、料理長やほかの先輩方が、いつも丁寧に教えてくれました。また、社員同士意見を言いあえる社風で、各々の個性を伸ばせる環境だと感じています。
 やりがいは、なんといってもお客様からいただく「また来るよ」の一
言。お客様の帰り際、その言葉をいただけるように努力しています。
一覧へ戻る