一覧へ戻る

株式会社 田子の月

業種 食料品製造業
所在地 【本社】
富士市今泉380-1(本社・工場)
【営業所】
19店舗(所在地:富士市、富士宮市、沼津市、三島市、駿東郡清水町、裾野市、御殿場市、函南町、静岡市)
事業内容 和菓子および洋菓子製造販売                                                 〈主要商品〉田子の月もなか、富士山頂、富士山のように、もんぱり、ふくもち(大福)など
資本金 3,000万円
売上高 16億5,500万円
従業員数 226名(うち正社員 71名)
設立年月日 1952年10月
初任給 大学卒188,600円、短大・専門・高専卒176,800円、高卒165,000円
 「もなか」を筆頭に静岡県を代表する銘菓を作り、
 楽しい家族団欒の場においしい笑顔を届けたい

企業の強み

直営店による製造・直販体制で 静岡銘菓、定番土産のポジションを確立
 直営店による製造・直販体制を基本として、創業以来、高品質のお菓子を手掛けてきました。「静岡のお菓子といえば田子の月」というポジションを確立できたことが、当社の強みです。お客様の年齢層は年輩の方からお子様まで幅広く、用途も進物(贈答、お土産)に限らずご家庭、または知人友人との団欒等にもご利用いただいています。現在は和菓子を中心にお客様の求める味、サービスを実現すべく、新商品開発やパッケージ改良(デザイン、衛生面改善のため)等にも力を入れています。

学生から見た魅力

働きがい

 田子の月さんはお菓子を売ることを目的としているのではなく、お菓子を通じて人と人とをつなぐことを目的としている。そのためお客様がお菓子を「おいしい」と言ってくれたときはもちろん、田子の月の商品でお客様の目的が達成されたことが分かる時が一番やりがいを感じるのではないかと感じた。人と人とをつなぐ素敵なツールを販売しているという誇りを持っている会社だ。

職場の雰囲気

 製造・販売・事務で働く場所はそれぞれ異なっている。今回取材で拝見したのは本社工場1階の事務所だったのでほかの場所の雰囲気をお伝えすることはできない。ただ、事務所はしきりがなく社員と社員の距離が近いように感じた。販売は社員同士や店長同士での連携が重要と伺ったため、おそらくコミュニケーションが多い職場だろう。

将来性

 和菓子と一口に言っても種類は実にさまざまであり、定番商品から親子で楽しめる自分で作る最中、さらに充実した季節商品など工夫を凝らし老若男女地域の人に愛される理由が分かる商品展開をしている。第一に地元に愛される商品作りをするというスタンスは、これからも会社が発展していくことの裏付けとなるのではないか。

目指す企業の姿

画像なし
企業理念

当社の基本理念は、「お菓子を通して世の中から信頼される企業をつくること」です。商品であるお菓子がおいしいのは勿論のこと、商品を提供するための店舗における「販売サービスの向上」を目標としています。楽しい家族の団欒の場に当社のお菓子があり、お客様に喜んでいただける事を思い描いて日々の業務に取り組んでいます。

経営戦略

静岡県を代表する銘菓となるべく、和菓子の「もなか」を中心商品として、新商品や季節商品を販売しています。昨今は洋菓子風の商品も多数販売していますが、田子の月と言えば「もなか」がまず頭に浮かぶような商品戦略を掲げ、地元のお客様に誇りとされる店舗を目指して、段階的なリニューアル構想も進行中です。

将来のビジョン

創業60年で培った信頼関係を基盤に 時代のニーズに合わせた新商品を開発 
 平成24年(2012年)に創業60年を迎え、イベントや記念銘菓の発売などにより、お客様との距離をもっと縮められるよう取り組んできました。これまでは進物商品としての位置づけが中心でしたが、現在のニーズに合わせて商品の小型化も実践。中心商品である「もなか」をより身近に感じていただける商品アイテムとして平成26年12月に新発売した「kaku(かく)」と「monako(もなこ)」は、もなかのおいしさを手軽に感じていただけることに加え、シンプルなデザインながら田子の月のイメージを一新する可能性を秘めています。

役員・先輩社員からの一言

画像なし
代表取締役社長 牧田 一郎
日本の伝統文化である和菓子を継承
お客様の笑顔を自分の喜びに変えて
 当社の仕事はもなかの製造販売から始まりました。以来、毎日の試行錯誤の中で生み出された餡のおいしさと食感豊かなもなか種(皮)が融合した味わいを継承しています。「田子の月もなか」以外にも、末長く愛される商品を模索し日々商品開発に力を注いでいます。生産拠点である本社工場の効率化を図り安全で安心な商品の提供と、日本の伝統文化を伝承し消費者にお届けする直営店舗の充実が私の仕事と考えています。日本の文化継承と、お客様に笑顔とおいしさを提供することに喜びを感じられる人材をお待ちしています。
画像なし
先輩社員
鷹岡店 店長
 大嶋 かなえ

お菓子の品質だけでなく、
お客様に喜んでいただける店づくりを
 直営店舗での販売を担当しています。現在入社4年目。2年間は店舗の販売スタッフとして仕事を覚え、3年目から小規模店舗の店長を任されました。店舗はほぼ無休ですので、スタッフの休日はシフト制。週末や連休等は来店人数も多くなるので、スタッフが協力し合い接客にあたります。店長業務は毎日の商品、包材の仕入れや在庫管理、売上目標達成度管理、現金管理、シフト管理など多岐に渡りますので、コツコツと繰り返して仕事を覚えることが肝心。お客様満足度を高めるために日々精進しています。
一覧へ戻る